総合混合機/引取制御/押出制御/引取・押出制御/
添加剤混合機/多層コントローラー/洗剤/圧縮機

  • お問い合わせ

成形機用・洗浄剤

ゲル、コゲ、顔料汚れにシュシュッと振り掛けるだけで簡単清掃
押出機の中に入れるだけで、ゲル、コゲ、顔料汚れに効果テキメン

ゲル・クリーン+プラス

ゲル・クリーン+プラス

抜群の浸透性能と剥離効果

成形機内のスクリューに付着した「汚れ」は製品への異物混入や成形不良などの弊害を度々巻き起こします。 そのためスクリューは定期的な洗浄が必要ですが、スクリュー洗浄は、研磨剤と金属ブラシを使い数時間ひたすらブラッシングするのは労力も必要なのですが、擦り傷が残り、そこに汚れが溜まります。そのコゲが蓄積すると押出機の網を通過し製品に付着しクレームになってしまいます。これらを全て簡単に排除し綺麗な製品作りが出来る装置です。

スクリュープレッシャーは専用洗浄剤「ゲル・ピカラボ」の浸透効果と剥離効果を温度と圧力の力によりさらに高めることで、スクリューに付着した「汚れ」を簡単に取り除ける状態にします。 スクリュープレッシャーから取出したスクリューを水で濡れたウェスで拭取れば洗浄完了です。

  • ※作業時間が従来の1/10
  • ※小さな力で簡単洗浄
  • ※金属の表面を傷つけない
  • ※原料替え時、色替え時のパージ作業時間、使用原料の削減(1/2~1/3へ)

SDS・詳しい資料・使い方・QAなどはこちら

製品ラインナップ

ゲル・クリーン+プラス

ゲル・クリーン+

~パージ洗浄、塗布洗浄、浸けおき洗浄用~
  • ■1L
  • ■お得パック(1Lx5本セット、スプレー1本)
  • ■20L

姉妹品のゲル・ピカ ラボ(圧力洗浄専用)もございます。
洗浄装置は長尺用のスクリュープレッシャー、金型用のメタルプレッシャー、大型ダイス用の煮沸装置を御用意しています。

主な機能と特徴

ゲル・クリーン+をお勧めする使用例

  • 1加熱可塑式押出機のスクリュー、シリンダー、ダイス、金型の樹脂焼け(コゲ)
  • 2製袋機の刃、ホットナイフの樹脂焼け(コゲ)
  • 3処理機放電バー、ゴムロールの添加剤のこびりつき
  • 4ゴム製品等の焼け付き除去
  • 5色替え、原料替えの時間短縮、原料節約
  • 6その他、工業機械、成形機、エンジン外部、金属製品等の脱脂、脱油

特徴 -環境にやさしい水溶性洗浄剤-

  • 1脱脂、脱油、脱焦げ付き等に幅広く使用できるアルカリ性洗浄剤です。
  • 2汚れの再付着を防止、廃棄時の生分解を高める為、金属 酵素を配合しています。
  • 3低発泡タイプでリンス性に優れているので消泡剤や大量の水を必要としません。
  • 4引火性、毒性が無く高温時の使用やスプレーでの使用が可能です。
  • 5汚れの程度に応じ、原液から数倍に希釈して使用できます。
  • 6浸透性が非常に高く、汚れの分解能力や洗浄能力を促進する事ができ洗浄時間を短縮できます。

洗浄方法

その① 塗布洗浄

汚れ、コゲ等の付着物の根元まで素早く浸透根こそぎ浮かせて剥離させます。

洗剤の塗布→対象物表面まで浸透 浸透性UP→汚れが浮き上がる 分解性UP→拭き取り→表面ピカピカ 1簡単清掃→2清掃時間の短縮→3表面を傷つけない 洗浄剤塗布後数分待つ→スポンジで洗浄→ウエスで拭取り完了

清掃メリット
  • ・清掃面を一切傷付けません。
  • ・短時間で清掃完了
  • ・製品への樹脂コゲの混入を防ぎます。
清掃POINT
  • 1.ゲル・クリーン+を吹きかけながらブラッシングする事で、コゲにゲル・クリーン+が浸透しやすくなり、短時間で清掃ができます。
  • 2.汚れを拭き取る場合は、必ず水で濡らしたウェスなどで行ってください。
  • ※スクリューやダイスなどの対象物が熱い場合はゲル・クリーン+がすぐに蒸発するので、1・2の作業を繰り返してください。
  • ※対象物が熱い場合はやけどなどに十分注意してください

その② 浸けおき洗浄

ゲル・クリーン+は水で3~4倍程度に希釈してください。

焦げのついたスクリュー コゲの付着した箇所→一昼夜浸けおく→コゲが剥離し簡単に除去→除去したコゲ

  • ※洗浄前に簡単に取れる樹脂は取り除き、清掃対象物とコゲ等の間にゲル・クリーン+が浸透しやすくしてください。
  • ※洗浄終了後は清掃対象品をよく水洗いしてください。
  • ※汚れ状況により、浸けおき時間を長くしてください。(1~2昼夜)

ブレーカープレート 表面の樹脂を取除き80℃程度に温度を下げ一昼夜浸けおく→割り箸等で押すかポンチで叩く→バーナーなど使わず簡単に清掃完了

  • ※洗浄前に樹脂は取り除き、清掃対象物とコゲ等の間にゲル・クリーン+が浸透しやすくしてください。
  • ※洗浄終了後は清掃対象品をよく水洗いしてください。
  • ※汚れ状況により、浸けおき時間を長くしてください。(1~2昼夜)
  • ※バーナーで焼きながら清掃すると、ブレーカープレート自体が消耗します。 手間もかかります。 しかし、ゲル・クリーン+浸けおき洗浄方法なら簡単清掃でき、消耗もありません。
清掃メリット
  • ・清掃面を一切傷付けません。
  • ・短時間で清掃完了
  • ・頑固な樹脂コゲが簡単に除去出来ます
  • ・複雑な形状の金型の汚れも簡単清掃
清掃POINT
  • 1.ゲル・クリーン+が蒸発しない温度になるまで冷ます。
  • 2.ゲル・クリーン+が浸透し、汚れが剥がれやすくなるまで浸けて待つ。
  • 3.効果が無い、または更に短時間で除去したい場合は、ゲル・クリーン+に浸け込んだ状態で温めてください。
  • 4.繰り返せば簡単に汚れが取れます。
    • ※対象物が熱い場合はやけどなどに十分注意してください

その③ パージ洗浄

成形機を分解しないで汚れを取る。

1原料に混ぜる 主原料とゲル・クリーン+→2成形機の中へ投入→3洗浄料を押し出す

パージ原料の準備量(混合目安表)
スクリュー径(mm) 主原料 (プラスチック原料) ゲル・クリーン+
軽微な汚れ 頑固な汚れ 分掃の場合
35~45 0.5kg 2.5cc 5.0cc 7.5cc
50~60 1.0kg 5.0cc 10cc 15cc
65~80 1.5kg 7.5cc 15cc 20cc
85~100 2~4kg 10~20cc 20~40cc 30~60cc
100~ 3~5kg 15~25cc 30~50cc 50~70cc
  • ※成形機のスクリューデザイン、ダイス形状、原料種類によってサージングの可能性があります。 始めは「軽微な汚れ」の混合量を基準にパージ材の作成・使用をお願いします。 (主原料の量も少な目から。) その後、汚れ具合に応じ主原料の量、混合量を多めにしていってください。
  • ※万が一、サージングを起こした場合は3~5分程度スクリュー回転を停止した後、再稼動させてください。
  • ※清掃や色替え時に、数回パージ作業を行う場合は、パージ材がダイスから出きったことを確認してから次のパージ材を投入してください。

POINT 1スクリューを回転させ主原料を押し出します。 2スクリューが見える直前で洗浄原料を投入 現在使用中の原料にゲル・クリーンを混ぜる 潜んでいた顔料、汚れの除去 洗浄事例1・・だんご状の場合[潜んでいた顔料、汚れの除去] 5分後→7分後→9分後→13分後→15分後→17分後→19分後 洗浄事例2・・[コゲ、ゲル等の不純物が取れる] 1成形機のヘッドを外す→2ゆっくり押し出す 汚れを含んだ黒い樹脂が吐き出される 拡大 コゲの確認 ゲルの確認

清掃メリット
  • ・パージ後のコゲ混入を防ぎます
  • ・パージ洗浄回数の削減
  • ・パージ原料コストの削減
清掃POINT
  • 1.発泡量が多いほど汚れが取れやすくなります。
  • 2.インフレーション成形は、発泡量が多いとチューブが破断する恐れがあります。破断する場合は、ゲル・クリーン+の混合量を減らすか、全体の投入量を減らしてください。

その④ スクリュー洗浄の効率化提案

スクリュー洗浄作業も色々とやり方はあると思います。 ここではその作業を効率よく行なう為の一案をご提案いたします。洗浄方法の複合で時間短縮、労力軽減が実現します。 御社にあった洗浄方法をご選択下さい。
  • 1生産終了後、スクリューを抜く前にゲル・クリーン+を使用したパージ洗浄を行って下さい。 (その③ パージ洗浄)(ヘッドとブレーカープレートは取外しておいてください)
    • パージ洗浄メリット 成形機内部の汚れを落とすので、スクリューを抜き出す時の労力が軽減
  • 2スクリューを抜き、シリンダーやダイスなどの洗浄をする前に、スクリューを浸けおきしておく。(その② 浸けおき洗浄)
    • 浸けおき洗浄メリット 少しの時間でコゲが剥がれやすくなる
  • 3シリンダー、ダイスなどの洗浄をする。 ※電動ドリルにブラシやウエスを付けて行なうと更に短縮
  • 4「2」で浸けておいたスクリューの洗浄を行う。 ※高圧ジェット洗浄機を使うとさらに効果が上がる場合があります。
洗浄事例パネル
浸けおき プレート1

浸けおき プレート1

樹脂がピンで簡単にとれる

浸けおき プレート2

浸けおき プレート2

樹脂がピンで簡単にとれる

浸けおき 金型

浸けおき 金型

形状のまま簡単に樹脂がはがれる

浸けおき スクリュー

浸けおき スクリュー

浸けるだけで樹脂が剥がれる

塗布洗浄 スクリュー

塗布洗浄 スクリュー

いつもの清掃が簡単に

塗布洗浄 ダイリップ

塗布洗浄 ダイリップ

立上前の簡単清掃

パージ洗浄 成形機内

パージ洗浄 成形機内

内部のコゲを剥がして排出

パージ洗浄 成形機内

パージ洗浄 成形機内

内部の汚れやコゲを排出

お取扱いのご注意

  • ・使用前によく振ってからお使いください
  • ・ミスト等の吸い込みに注意しマスク等を着用してください
  • ・直接皮膚に触れないように適切な保護具を着用してください
  • ・高濃度の液が大量に河川に流出しないよう注意してください
  • ・幼児の手の届かない所に保管してください
  • ・長期間の保存は冷暗所でおこなってください
  • ・洗浄能力が低下する恐れがありますので希釈する場合は井戸水等を使用しないでください

SDS・詳しい資料・使い方・QAについて

ゲル・クリーン+は水溶性の液体洗浄剤なので塗布・浸け置き・原料に混ぜ合わせなどの使用方法があります。 また、定期的に使用することにより、異物の付着を抑え、清掃時間の短縮にも繋がる洗浄剤です。
  • ※保護具着用にて作業をお願いします。(保護眼鏡、保護手袋、保護マスクなど)
  • ※資料のゲル・クリーンαはゲル・クリーン+と読み替えてください

お困りのことがあれば、まずはお気軽にご相談ください。

マルヤスの製品について、「もっと詳細を知りたい」「カスタマイズ可能か?」などのご相談も
お気軽にお問い合わせください。資料請求などもこちらから受け付けております。

会社代表 0897-47-6010 営業部 0897-47-6012 技術部 0897-47-6015
メールフォームはこちらから

TOP